代表取締役を2名にできる?

司法書士・行政書士榎本事務所
トップページ事務所案内業務案内費用のご案内よくある質問お問い合わせ

お問い合わせ

ホーム
事務所案内

よくいただくご質問
お問い合わせ


司法書士・行政書士榎本事務所携帯サイト


債務整理
相続手続
不動産登記
成年後見
 



会社設立
会社登記
許認可手続
抵当権設定
 



  

 
司法書士・行政書士榎本事務所


  
〒451−0042
  名古屋市西区那古野二丁目
  18番7号

  TEL 052−589−2331
  FAX 052−589−2332

  mail info@enomoto-office.jp

  <営業時間>
  平日 AM9:00〜PM6:00

  <アクセス方法>
  名古屋駅より徒歩8分
  国際センター駅より徒歩5分



  
       大きな地図で見る



  <代表者>
  
     司法書士榎本剛

   榎本 剛(えのもと たけし)
  愛知県司法書士会第1409号
  愛知県行政書士会第5318号







  トップページ > 事務所ブログ 




    代表取締役を2名にできる?



2017年4月20日

株式会社の代表取締役の数に制限はありません。


そのため、代表取締役を2名にすることもできますし、全員を代表取締役にすることもできます。


複数名いる場合の代表取締役の権限は、共同で代表権を行使するのではなく、あくまで各自が代表権を持っていることになります。


代表取締役を複数名置くことで、共同で会社を作った場合には、平等の権限を持つことができるというメリットがありますが、意思決定の所在があいまいになったり、対外的に誰が代表かわからなくなってしまうデメリットがあります。




  代表取締役を複数名置く方法


代表取締役を複数名置くには、定款に規定がある必要があります。


例えば、定款に。


「当会社に取締役を複数名置く場合は、そのうち1名以上を代表取締役とし、株主総会の決議によってこれを定めるものとする。」



といったように、代表取締役を複数名設定できる内容の定款の規定がなくてはなりません。


定款に代表取締役が1名のみの規定になっている場合には、定款変更の手続きをした上で、複数名置くことが可能です。




  会社の実印はどうなるか?


法務局に登録されている会社の実印は、代表取締役ごとに登録されているため、代表取締役Aで登録されている印鑑を代表取締役Bが会社の実印として使用することはできません。

この場合には、代表取締役Bも自分の印鑑を登録することにより、会社の実印とすることができます。

ただし、同じ印鑑をAもBも使用することはできませんので、実印を複数登録する場合には、別の印鑑を用意する必要があります。









      >> 前のページ                                         次のページ >>











     

司法書士・行政書士榎本事務所

〒451−0042
名古屋市西区那古野二丁目18番7号
TEL 052−589−2331
FAX 052−589−2332

<対応地域>愛知県、岐阜県、三重県


   >  トップページ
   >  事務所案内
   >  業務案内
   >  費用のご案内
  


  > お問い合わせ
  > よくある質問
  >  サイトマップ