ENOMOTO OFFICE


1.会社の設立



 会社を作る場合の規定は以前の商法から会社法に変わりました。

 これにより、有限会社を新しく作ることができなくなり、株式会社もしくは持分会社(合名、合資、合同会社)に限定されるようになりました。

 株式会社は従来の最低資本金制度が廃止され、資本金が1円からでも作ることができるようになりました。役員も1人でも可能です。


2.会社設立の流れ


(1)基本事項打ち合わせ
    ↓
(2)類似商号確認
    ↓
(3)会社の印鑑の作成
    ↓
(4)必要書類の作成
    ↓
(5)ご署名・ご捺印
    ↓
(6)定款(会社の規則)
   認証
    ↓
(7)資本金の払い込み
    ↓
(8)登記申請
    ↓
(9)完了


3.会社設立のメリット・デメリット


会社を設立するか個人事業にするかはそれぞれメリット、デメリットがあります。

そこで、会社を設立する場合のメリット、デメリットをご紹介します。

<会社設立のメリット>

1. 社会的信用度が増す

会社設立のメリットの1番は信用度の違いです。新しく取引をする場合、金融期間から融資を受ける、インターネットなどで、新規のお客を獲得する場合など信用力のある会社形態の方が、個人事業主よりも有利になります。

2. 税金の負担が軽くなります

法人税は一定ですので、年間所得が一定の金額を超えた場合は会社を設立した方が税金の負担が軽くなります。

3. 出資者の責任が限定されます

個人事業主の場合、会社の借入金を事業主はすべて個人で負担しなければいけませんが、株式会社の場合は出資金をあきらめれば、それ以上責任を負うことはありません。ただし、借入れの際に、事業主個人として、連帯保証契約などを結んでいる場合は、連帯保証人としての責任は問われます。

4. 事業の継続がしやすくなります

個人事業の場合、事業主の方が亡くなられると、、その事業を継続することが難しくなります。許認可が必要な事業の場合は変更届ではなく、新しく申請しなければなりません。

<会社設立のデメリット>

1. 設立費用がかかります

会社を申請するには登記をしなければなりません。登記は株式会社の場合、印紙代、登録免許税などで最低でも24万円が必要になります。

2. 経営者の思うとおりに経営できない場合がある

株式会社の場合、意思決定の最高機関は株主総会なので、個人事業の場合と違って事業主が全て自由に意思決定できない場合もあります。


4.お客様にご用意して頂くもの


報酬      9万円

登録免許税  資本金×7/1,000(最低15万円)

定款認証   印紙代 4万円 (当事務所では電子定款に対応している ため不要です。)

認証代 5万円

合計 29万円〜   (登記簿謄本、印鑑証明書等を取得する場合は 印紙代がかります。)



【戻る】