名古屋で抵当権抹消手続き

司法書士・行政書士榎本事務所
トップページ事務所案内業務案内費用のご案内よくある質問お問い合わせ

お問い合わせ

ホーム
事務所案内

よくいただくご質問
お問い合わせ


司法書士・行政書士榎本事務所携帯サイト


債務整理
相続手続
不動産登記
成年後見
 



会社設立
会社登記
許認可手続
抵当権設定
 



  

 
司法書士・行政書士榎本事務所


  
〒451−0042
  名古屋市西区那古野二丁目
  18番7号

  TEL 052−589−2331
  FAX 052−589−2332

  mail info@enomoto-office.jp

  <営業時間>
  平日 AM9:00〜PM6:00

  <アクセス方法>
  名古屋駅より徒歩8分
  国際センター駅より徒歩5分



  
       大きな地図で見る



  <代表者>
  
     司法書士榎本剛

   榎本 剛(えのもと たけし)
  愛知県司法書士会第1409号
  愛知県行政書士会第5318号






     トップページ > 業務案内 > 不動産登記


    住宅ローンを完済したら



住宅ローンを完済すると、借り入れした金融機関 から 抵当権の抹消書類が送られてきます。

ローンを完済しても、 抵当権は自動的に消えるわけではなく、抹消の手続きは別に しなく てはなりません。

金融機関から送られてくる書類の中には有効期限があるものもありますので、お早めに手続きをされることをお勧めします。




   抵当権抹消手続きのながれ
















   抵当権抹消手続きにご用意頂くもの



金融機関から送られてきたものの中で次の書類をご用意下さい。



1. 抵当権設定契約証書・抵当権原契約書


 四角の朱色の印に「登記済」の記載がされています。



2. 登記識別情報通知書


合併等により金融機関の名前に変更があった場合に送られてくる場合があります。
※ ない場合もあります。
       



3. 抵当権解除証書(抵当権弁済証書)


金融機関によっては、抵当権設定契約証書に解除する 旨が記載されている場合があります。この場合には、不要です。



4. 代表者事項証明書(現在事項一部証明書、現在事項全部証明書)


有効期限があります。(3か月以内) 期限が過ぎてしまっている場合は再度取得します。
       


5. 委任状


金融機関の委任状です。



6. 現在事項一部証明書(履歴事項一部証明書)


合併等により金融機関の名前に変更があった場合に送られてくる場合があります。
  
     

    



   抵当権抹消以外の手続きが必要になる場合



次の場合には、抵当権抹消登記に合わせて、他の登記が必要になります。

    




1. 住所が変更している場合


お引越し等により住所が変更している場合には合わせて、住所変更登記が必要になります。


→ 住所変更登記について詳しく見る



2. 氏名が変更している場合


ご結婚等により氏名が変更されている場合は合わせて、氏名変更登記が必要になります。



3.不動産の名義を変更している場合


相続等により不動産の名義が変更されている場合には合わせて、名義変更登記が必要になります。





   抵当権抹消手続きの費用



抵当権抹消手続きにかかる費用の一覧です。報酬については案件により異なりますので、お気軽にご相談下さい。


 報酬    12,000円〜  
事前調査用謄本
   不動産の個数 × 335円
登録免許税    不動産の個数 × 1,000円
実費(郵送費等)    約1,500円
事後謄本    不動産の個数 × 480円



(費用例1) 土地、建物が1個ずつの抵当権抹消の場合(事後謄本が不要)



 報酬    12,000円 (税込12,960円)  
事前調査用謄本
   670円 (2×335円)
登録免許税    2,000円 (2×1,000円)
実費(郵送費等)    約1,500円
合計    17,130円



(例2) 敷地1筆を含むマンションの抵当権抹消の場合(事後謄本が不要)



 報酬    15,000円 (税込16,200円)  
事前調査用謄本
   335円 (1×335円)
登録免許税    2,000円 (2×1,000円)
実費(郵送費等)    約1,500円
合計    20,035円


(例3) 土地、建物が1個ずつの抵当権抹消で住所の変更がある場合(事後謄本が不要)



 報酬    20,700円 (税込22,356円)  
事前調査用謄本
   670円 (2×335円)
登録免許税    4,000円 (2×1,000円×2)
実費(郵送費等)    約1,500円
合計    28,526円



   抵当権抹消に関するよく頂くご質問



 抵当権抹消の費用はいくらくらいですか?

 抵当権抹消手続きに必要なものは何ですか?

 銀行から渡される書類には有効期限があると聞きましたが?

 住所や氏名に変更があるのですが?

 不動産の所有者がすでに亡くなっているのですが?

 抹消手続きをする不動産が遠方なのですが大丈夫ですか?

 抹消手続きをするのに一度事務所に行かなければいけませんか?

 書類の有効期限が切れてしまったのですが?




   何十年も前の抵当権が残っている場合


不動産を相続したり、売却しようとすると、明治や大正、昭和初期など何十年、場合によっては100年以上も前の抵当権が残っている場合があります。

このような古い担保権を「
休眠担保権」といいます。

休眠担保権が残っていると売却や担保の設定などができなくなってしまいますので、いつかは抹消手続きをしなくてはなりません。


ただし、休眠担保権の多くは既に抵当権者が亡くなっていたり、行方が分からなくなっている場合が多いため、弁済をしたことを証明する書面を付けての通常の抵当権の抹消手続きをすることができず、特別な抹消手続きが必要です。



 >> 休眠担保権の抹消手続きについて詳しくはこちら













     

司法書士・行政書士榎本事務所

〒451−0042
名古屋市西区那古野二丁目18番7号
TEL 052−589−2331
FAX 052−589−2332

<対応地域>愛知県、岐阜県、三重県


   >  トップページ
   >  事務所案内
   >  業務案内
   >  費用のご案内
  


  > お問い合わせ
  > よくある質問
  >  サイトマップ